Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

2016年~2019年末までは250枚を超える「中森明菜」をはじめとする、 「松田聖子」「菊池桃子」「南野陽子」「斉藤由貴」「山口百恵」 などのポスターをメインにアーカイブしていきます。

older | 1 | .... | 49 | 50 | (Page 51)

    0 0

    イメージ 1


    中森明菜のパイオニア プライベートCDの

    非売品B1(1030*728)の企業ポスター。

    13枚目のパイオニア プライベートCDのポスターです。


    イメージ 2


    13種類のポスターの中でも、正直、これが最高にお気に入りの1枚。

    イメージ 3




    雑誌広告↓
    イメージ 4





    最近は結構出回るようになりましたが、

    以前はこのポスターは市場に出回らず、なかなか入手できなかったのですが

    こうしてブログで中森明菜のポスターの記事を書いてると

    いろんな素晴らしい出会いもあり、

    中森明菜の貴重なポスターをたくさん格安でお譲りして頂けます。

    このポスターもそういうご縁で入手が叶った1枚です。



    イメージ 5


    1番輝いていた頃の素敵な中森明菜ではないかと個人的に思います。





    CMに漂うアンニュイな雰囲気も今見てもたまりません(笑)




    イメージ 6







    中森明菜 ポスター NO.97
    PIONEER
    Private CD

    0 0
  • 08/12/18--08:03: 初戀 / 斉藤由貴
  • イメージ 1


    1985年の夏にリリースされた3枚目のシングル曲

    「初戀」

    その店頭告知非売品A1サイズポスター。



    イメージ 2


    夏期のリリースなので、浴衣姿の告知になっています。




    イメージ 3


    シングルジャケットはイメージだったポニーテールではなく

    珍しく髪を下げた状態になってます。

    告知ポスターと全くデザインの違うパターンです。



    イメージ 4


    作詞:松本隆 作曲:筒美京平というタッグも

    当時のアイドル曲では王道でした。


    イメージ 5





    斉藤由貴の初期3作品の告知ポスターが揃いました。

    イメージ 6






    斉藤由貴ポスター
    初戀
    C/W 海の絵葉書
    1985/8/21発売  162.000枚




    0 0

    イメージ 1


    サイドショウの「コート・オブ・ザ・デッド」シリーズ11体目「DEATH」

    2014年あたりのコミコンで見て以来、約4年の歳月が経過しましたが

    無事に手元に到着しました。


    イメージ 2

    限定版には差し替え用のマスクが付属します。


    イメージ 16



    イメージ 3



    イメージ 4




    当初は↓のマスクでお披露目されていたのですが、

    何故か骸骨マスクが標準になり、↓のマスクが限定版のボーナスパーツになりました。

    イメージ 5



    イメージ 6




    イメージ 7



    イメージ 8




    イメージ 9


    最近はクリアレジンに彩色したパーツをどこかに使用する事が多くなりました。



    イメージ 10


    台座の雰囲気は荘厳な感じでとても良いと思います。




    イメージ 11



    イメージ 12



    イメージ 13



    イメージ 14



    イメージ 15


    造形、アクセサリ、塗装とこのシリーズの完成度は毎回高いです。



    イメージ 17



    イメージ 18



    イメージ 19



    イメージ 20



    イメージ 21








    イメージ 22



    Limited Edition: 500(Exclusive)
    Product Size
    30" H (762mm) x 12" W (304.8mm) x 17.5" L (444.5mm)



    イメージ 23







    0 0

    イメージ 1


    1982年にリリースされたファーストアルバム「プロローグ」

    その予約特典B1半裁ポスター。



    中森明菜の水着ポスターはデビュー当時はそれなりに見かけましたが

    人気が上昇してきた頃から全く見かける事がなくなりました。


    水着ポスターは正直あまり興味はなかったのですが

    コレクションをしていると避けて通れない1枚でもあります。


    イメージ 2


    この中森明菜の表情が個人的には素敵です。

    今から35年前なので、昭和体型です(笑)


    イメージ 3



    中森明菜の水着ポスターは非常に人気があり、

    当時このポスターもこぞって部屋に貼っていた人ばかりなので

    状態の良いまま残ってる物は極めて少ないです。

    今回入手したポスターはピン跡、破れなど一切無い美品で非常に貴重。




    中森明菜ポスター NO.98
    「プロローグ」
    1982/07/01発売  453,140枚




    0 0
  • 08/21/18--08:02: Love,needing / 倉木麻衣
  • イメージ 1


    2005年 1月26日にリリースされた倉木麻衣の19枚目のシングル曲

    「Love,needing」

    その店頭告知非売品B2サイズポスター


    イメージ 2


    倉木麻衣の曲の中では好きな曲で、

    車の中で当時はヘビーローテーションしていました。


    イメージ 3




    PV中に出てくるウェーブ・ヘアの倉木麻衣が当時はレアでした。





    もうかれこれ13年前の2005年の第一弾リリースの曲でしたが、

    この頃の倉木麻衣が1番好きだったと思います。


    イメージ 4






    倉木麻衣ポスター
    Love,needing
    C/W Moon serenade,Moonlight
    2005/1/26発売 69.000枚





    0 0
  • 08/24/18--08:07: ネオジオミニ
  • イメージ 1


    予約するのが遅れたので、発売日には到着しませんでしたが

    やっとネオジオミニが届きました。

    内包物はこんな感じ。


    イメージ 2



    昔懐かしいネオジオの筐体もモチーフした携帯ゲーム機?です。

    この小さなボディに40ものゲームが収録されていますが

    ミニゲームとかではなく、当時のネオジオの筐体で稼働していた

    ゲームそのものです。




    コンパネの上とアーケード下には自分でステッカーを貼る仕様ですが

    難なく簡単に貼れます。

    イメージ 3



    イメージ 4




    自分は格闘ゲームが好きだった時期があり、

    「餓狼伝説」シリーズ、「龍虎の拳」シリーズ、

    「サムライスピリッツ」シリーズなど大好きでした。


    当時、まだスーパーファミコンやプレイステーションの時代で

    アーケードゲームの完全移植には程遠かった時代に、

    ネオジオはアーケードそのままが家庭でプレイできました。


    しかし、ゲーム機本体が6万円くらいしたと思いますし、

    ソフト1本の価格も25000円~30000円と恐ろしいものでした。


    イメージ 5


    今から15年くらい前だったと思うけど、

    中古ゲームショップではネオジオは叩き売り状態でした。

    本体は3000円切るくらいだったし、ソフトは900円とかで販売されていました。

    しかし、古い物は価値が増してくるのか、

    今では本体は30000円以上しますし、ソフトも5000円前後します。


    イメージ 6



    今でも、当時購入したネオジオのロム版は大切に保管していますし

    ソフトも時々起動させて遊んでいました。




    イメージ 7



    このネオジオミニ、わずか12000円で40作品が遊べます。

    しかし、実際にプレイしてみての感想ですが、

    このスティックではコマンドが出せません(笑)

    TVに繋いで大画面に専用パッドでプレイするのが望ましいです。


    これはこれで、高性能オブジェみたいな捉え方かもしれません。


    0 0
  • 08/27/18--08:02: SUMMER EYES / 菊池桃子
  • イメージ 1


    1984年の7月にリリースされた2枚目のシングル曲

    「SUMMER EYES」

    その店頭告知非売品B2サイズポスター。


    イメージ 2



    デビュー曲の「青春のいじわる」では叶わなかった

    オリコンチャート10位以内の7位を獲得し

    第26回日本レコード大賞の新人賞を獲得。


    イメージ 3




    菊池桃子の可愛さは当時でも群を抜いていました。





    本格的に大ブレイクするのは4カ月後にリリースされる3枚目のシングル曲

    雪にかいたLOVE LETTER」ですが、

    菊池桃子の人気を決定づけたデビュー曲から5曲目までのすべてを

    秋元康が作詞しています。


    イメージ 4






    菊池桃子ポスター
    「SUMMER EYES」
    C/W スターダスト・レクイエム
    1984/7/10発売 195.000枚




    0 0

    イメージ 1


    月星化成(現:ムーンスター)のシューズ「TREK」の

    企業販促広告非売品A1ポスター。


    このポスター、松田聖子の顔から察すると、

    かなり初期の頃のものと推察できるのですが

    何となく艶めかしい表情、少しエロ要素のある?衣装で

    どことなく昭和のそっち系の雑誌の表紙のモデルさんのような雰囲気が

    しないでもない?(笑)


    イメージ 2




    松田聖子や中森明菜の初期の頃の企業広告ポスターはとても人気が高く

    入手が非常に困難なものがあります。



    イメージ 3



    紙媒体で約35年もの時間の中を生き続けてきた事も相成り

    そういう歴史的価値のあるポスターを大切にしていこうと

    改めて実感している昨今です。

    特に、今年の梅雨期から現在の酷暑においては、

    保管に神経を遣わされています。。。。。。。





    松田聖子 ポスター
    月星化成 TREK




    0 0
  • 09/02/18--08:03: GETHSEMONI
  • イメージ 1



    サイドショウのオリジナルプロパティシリーズ

    「コート・オブ・ザ・デッド」

    その12体目が到着しました。


    イメージ 2



    約2年半前にリリースされた

    「GETHSEMONI QUEEN OF THE DEAD」の

    リメイクニューバージョンになります。


    イメージ 3



    このシリーズ、リリースを重ねる度に塗装のレベルが向上しています。

    サイドショウのプレミアムフォーマットフィギュアは

    昔は「塗装がダメダメ」と称されていました。


    イメージ 4



    イメージ 5


    現に、今でもマーベル、DC関連などのスタチューの塗装は酷い物があります。

    この「コート・オブ・ザ・デッド」シリーズの塗装は

    とにかくそれらとは一線を画すくらい素晴らしい出来です。

    きっと良い工場を押さえていて、塗装の監修も行き届いてるのだと思います。


    イメージ 6



    今年から、直買の限定版にはボーナスパーツが付属するような展開になっています。

    価格はほぼ同じなので直買する人は嬉しい要素です。


    イメージ 7



    気になる輸送費&関税を含めたコストですが、

    最近、国内のショップがかなり強気な価格設定をしてきてるのもあり、

    直買で限定版を購入する方が同じか、若干お安く買えます。

    ただ、何か破損などの不具合があった場合は自分で対応する事になりますが

    サイドショウはサポートがしっかりしているので安心です。




    開封動画↓




    イメージ 8





    0 0

    イメージ 1



    1994年のキリンラガービールの企業広告非売品B2ポスター。


    なかなか夏らしいイメージでビールが飲みたくなる気がします(笑)



    イメージ 2


    1994年頃だと、菊池桃子は26歳くらいだと思いますが

    この可愛さは本当に反則級でしたね。


    イメージ 3





    菊池桃子ポスター
    キリンラガービール





    0 0

    イメージ 1


    約2年半でリメイクされた「GETHSEMONI」

    その2年半で「造形」「塗装」と飛躍的な向上を垣間見る事ができます。


    イメージ 2



    イメージ 3



    イメージ 4



    前にも書きましたが、

    前回の物が「背中から腰へのライン」を愉しむアイテムだったのに対し

    今回の物は「おへそ周辺の見事な腹筋と内腿」を愉しむアイテムでしょう。


    イメージ 5



    イメージ 6



    イメージ 7



    イメージ 8



    イメージ 9



    イメージ 10



    イメージ 11



    イメージ 12



    イメージ 13



    イメージ 14



    イメージ 15





    限定版は右腕のパターンが違います。

    イメージ 16



    残りのリメイクは「KIER」と「Gallevarbe」で、1年以内にどちらもリリースされます。


    イメージ 17






    イメージ 18





    Limited Edition: 300(Exclusive)
    Product Size
    21" H (533.4mm) x 9" W (228.6mm) x 9" L (228.6mm)





    0 0

    イメージ 1


    1985年にリリースされた11枚目のシングル曲「ミ・アモーレ」

    その店頭告知非売品B1サイズポスター。


    イメージ 2



    この曲で第27回レコード大賞を受賞

    彼女自身、当時まだ19~20歳なのだが、

    このミ・アモーレの振り付けは、とにかく「腰の振り」が艶かしい(笑)

    とかく、腰部分に注視しがちなんだけど、実は指先の表現も素晴らしい。


    イメージ 3



    また故・松岡直也の手腕が冴えるこの楽曲、

    音楽構成が歌詞1番では

    A-B-A'-サビ という流れなのだが、2番では

    A-Bの前半-A'の後半-サビ

    と、1番と2番で曲の流れが異なる複雑な構成になっています。





    当時の歌番組で数多く披露された曲ですが、

    自分的には「夜のヒットスタジオ」で1985年5月29日にオンエアされた

    下記の動画の時が1番好き。。。。これで19歳です(驚)




    今から33年以上前なんだけど、彼女はまるでオーパーツのように思えてならない。



    同じB1サイズポスターを2枚所有しています。

    イメージ 4




    中森明菜ポスター NO.99
    C/W ロンリー・ジャーニー
    1985/03/08発売 630.700枚


    0 0

    イメージ 1


    1994年のアサヒビールZの企業広告非売品B2サイズポスター

    ビールが美味しい季節ですね。


    奇跡のアラフィフと言われるように、

    森高千里の上品な綺麗さは群を抜いていますね。


    イメージ 2



    このポスターの当時、25歳くらいだと思いますが、

    その倍歳をとった現在と比較しても、正直あまり変わりません。


    イメージ 3





    「飲もう~~♪」というCMソングも耳に残って忘れられませんが

    そのCMソングは21枚目のシングル曲「気分爽快」です。





    麦藁帽子と自慢の美脚がとても夏を演出しているポスターです。

    イメージ 4





    森高千里 ポスター
    アサヒ生ビールZ



    0 0

    イメージ 1


    大好きなロケ地探訪の同人誌の最新号。

    と言っても、発刊から既に半年以上経過してしまいましたが。

    今回は「死神博士編」です。


    イメージ 2



    話数ごとに実際にロケ地に足を運び、

    フィルムの中の景色と現在に景色を比較するという

    本当に骨の折れる作業の連続に頭が下がります。


    イメージ 3



    母校の「中央大学」もロケ地だったとこれを見て知りました。

    まだ校舎が建つ前の景色なのですが

    見ていてタイムスリップしたような感覚がありました。


    イメージ 4





    前回のVOL.3が発刊された際、

    VOL.1とVOL.2の改訂版も同時に刊行されました。


    イメージ 5


    初版発行後に新たに判明した要素を盛り込んだ改訂版で

    ページ数もかなり増えています。



    仮面ライダー ロケ地大画報は同人誌ではありますが

    内容の密度の濃さは特筆に値すると思います。





    0 0

    イメージ 1


    1979年 山口百恵が起用されたトヨタ ターセルの企業広告非売品B2ポスター。


    百恵の、赤い靴。



    イメージ 2



    テレビCMではBGMで山口百恵の「愛の嵐」が流れますが

    今聴いても彼女の曲は神がかってます。




    ロックな曲とバラードな曲を見事に歌い分けていました。

    中森明菜の初期の頃はそれに倣っていました。



    イメージ 3



    このポスター、とにかく構図が素晴らしく、

    山口百恵の表情も素晴らしい。

    撮影者を見ると・・・・やはり(笑)


    イメージ 4



    篠山紀信さんでした。



    山口百恵ポスター
    トヨタ自動車 FFターセル
    百恵の、赤い靴。


    0 0
  • 09/20/18--08:14: 未来惑星ザルドス
  • イメージ 1


    1974年に公開されたSF映画「未来惑星ザルドス」



    イメージ 2


    少年マガジンの1974年8月11日発売の33号の巻頭に特集されていました。


    イメージ 3


    当時、小学2年生頃ですが、その記事の空飛ぶ「顔」を見て

    トラウマになりました。


    イメージ 4


    今でも、44年前のこの特集記事を鮮明に記憶しています。

    自分の記憶では、幼稚園の頃?だったとずっと思っていたのですが

    今回、そのトラウマになった記事が掲載されている少年マガジンを入手し

    発行日で7歳の頃だと判明。

    記憶って結構曖昧なまま残るものなんだなと改めて実感。


    イメージ 5


    イメージ 7


    このワンカットが特に鮮明に覚えていました。




    イメージ 6



    未来惑星ザルドス、映画がかなりユニークな作品で、

    正直あまり面白くない?と大人になってビデオで鑑賞して思いました。

    でも、大御所のショーンコネリーとかの名優が恥ずかしい恰好で出演してたり。


    イメージ 8




older | 1 | .... | 49 | 50 | (Page 51)