Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

2016年~2019年末までは300枚を超える「中森明菜」をはじめとする、 「松田聖子」「菊池桃子」「南野陽子」「斉藤由貴」「山口百恵」 などのポスターをメインにアーカイブしていきます。

older | 1 | .... | 7 | 8 | (Page 9) | 10 | 11 | .... | 54 | newer

    0 0
  • 06/14/11--21:11: ID-4 CITY DESTROYER #1
  • イメージ 1


    「巨大な物ほど造形はシンプルになる」

    ・・・ID4のメイキングで監督のエメリッヒが言ってた言葉。

    巨大なモノ好きな自分ですが、このID4に登場したデストロイヤーは

    SF映画の巨大モノの中でも1番好きな造形です。


    イメージ 2


    単純なデザインがあまりに美しいと感じてしまう。

    このデストロイヤーのオリジナルモールドはアイコン社が所有してたと思います。

    映画公開から15年経過した今でも、デストロイヤーと母船は一切商品化されておらず、

    ガレージキットさえ存在していません。

    あの表面モールドの複雑さを考えればキット化はかなり望み薄・・・



    単に人気がないから商品化されない・・・それが理由なのかもしれません(笑)




    数年前、ebayで120センチ級のスタジオスケールが出品されました。

    出所はどこなのか?そのアイテムの詳細すら画像でしかわからない始末。

    調べてわかったのは、オリジナルのプロップから4体のみ型抜きされた物らしい。

    ただ、直径120センチの円盤は海外からは取り寄せる事すら非現実的でした。



    映画を見て15年、

    ebayでスタジオスケールを逃して4年、








    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5



    やっと一歩を踏み出す事ができました。


    今回、おそらく世界で初のチャレンジだと思うのですが、

    「やり甲斐がありますね!」と、

    ポジティブに挑戦を引き受けてくれたのは、プロの職人さんで、

    某有名テーマパークの仕事なども手掛けられてる中川図画工作所の

    中川氏です。


    全くのゼロからの製作ですが、きっと凄くなる予感がします。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
     

    ライダーの中で1番好きな旧1号ライダー。

    メガソフビ版の仮面ライダーです。


    イメージ 4


    電飾で、CアイとOシグナルが発光します。

    Cアイを発光させる作例は時々見かけますが、

    このサイズでOシグナルまで発光させるのは珍しいと思います。


    以下、画像数が多いですがお許しを。



    イメージ 5

    イメージ 6
       
    イメージ 7

    イメージ 8
     
    パッケージなどの作例のやや明るめのライダーではなく、

    第一話で蜘蛛男と戦った際のやや暗い感じのライダーです。

    自分の幼心には、旧1号の色彩はこういう感じだったんですよね。



       
    イメージ 9
     
    イメージ 10

    派手なポーズではなく、佇む感じの造型が旧1号にピッタリですよね。

    なるべくリアリティを出して欲しかったので、汚し塗装を効果的に使って頂きました。

    スーツ感も良く表現できてるなと感心します。



     

    イメージ 11

    イメージ 12

    イメージ 13
     
    ノーマル作製では無く、少し改修して頂いた部分として、コンバーターがあります。

    コンバーターの隙間から青と赤の配線が見え隠れしています。

    ベルトのバックルも極力金属に見えるように工夫されていたり。




    イメージ 14
      
    台座はハカイダーと同規格で、立花レーシングのロゴを大きくあしらっています。



    アクリルケースを被せたまま、発光させれます。

    イメージ 15


    0 0
  • 06/19/11--08:09: セーリングフライ
  • イメージ 1


    劇場版イデオン<接触編>のテーマ曲「セーリングフライ」と
    劇場版イデオン<発動編>のテーマ曲「海に陽に」


    どっちの曲も大好きなんですよ。

    歌ってるのは水原明子さんですが、現在はどうされてるのか・・・・。

    このシングルレコードを高校1年の時に買った記憶があります。


    きっと、この曲を好きなイデオンファンは多い筈?(笑)

    イメージ 2




    数年前、寝室で横になってる時、ふと気にかかった事があって

    早速、発動編のDVDを見ました。

    「あれれ?海に陽に・・・・って劇中で使用されてないなあ」

    高校の時に映画を見に行って、ラストの全裸宇宙遊泳シーンでかかってた記憶があるのですが

    実際は使用されていなかった??


    早速調べてみると・・・・・

    「最後の遊泳シーンにこの歌が流れたのは、公開に合わせたTV特番にて放送されただけで本編では未使用」


    なるほど(笑)



    セーリングフライ

    海に陽に


    0 0

     
     
    フォーラムでお世話になってるRafael氏の元に
     
    シネマケットのバットモービルが届きました。
     
    何と、配達業者が家にやって来るのを待ってるシーンから始まります(爆)
     
     

    この開封作業で、今回のモービルがいかに凄いかおわかりになると思います。
     
    Rafael氏は、見かけの通り、ナイスガイですが、何でも自分で作ってしまう凄いお方。
     
    シネマケットのT850のバトルダメージをカスタムしたり、
     
    シネマケットのアラゴルンからマスク・オブ・ゾロを作ってしまったり、
     
    シネマケットのプレデターのマスク版をささっと作ってしまったり・・・。
     
    本当にアメージングなコレクターであり、自分も最もリスペクトしてるお方です。
     
     
    。。。。途中、一回落としそうになってたな(笑)
     
     
     
     
    自分は1ヶ月前に届いているのですが、不良箇所が見つかり、
     
    現在、交換品を待ってる状況です。
     
    そんな交換品も、今日には届きそうで、動画を見ながら
     
    いろいろとイメージトレーニングをしてる次第です(笑)
     

    0 0

    イメージ 1
     

    真っ黒なボディはなかなか上手く撮れません・・・・

    バットモービルが疾走するシーンは、ほとんどが夜のゴッサムシティだったので

    暗めの画像で発光させて撮ってみました。

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5


    コックピットの計器類が綺麗に発光します。

    コックピット内のシフトレバーが発光スイッチです。

    イメージ 6




    約70センチもある巨大なバットモービルですが、全体的に繊細な作りで

    展示してて非常に存在感があります。
    イメージ 7



    Toynami
    Cinemaquette Presents
    BATMOBILE
    Edition Number 011/500

    0 0
  • 06/26/11--20:05: ID-4 CITY DESTROYER VOL.2
  • イメージ 1


    いよいよ本格的に始動しました。

    左が直径120センチ、右が直径80センチの型です。

    実際は直線ではなく、円形になるので、その大きさとボリュームは想像を絶します。

    ただ、どちらのサイズをチョイスするかは未定です。

    イメージ 2

    このくらいの大きさの比率で違います。



    以下、作業工程の流れ画像です。

    イメージ 3


    イメージ 4





    ライターとの比較をすると、これは80僖織ぅ廚里發里澆燭い任后

    120僖織ぅ廚呂海譴1.5倍の大きさになります。
    イメージ 5




    今回は発泡スチロールで「円盤上面部」の型を作製されてます。

    あくまで型であって、最終的に本体は、FRPとかプラスチック、

    その他の有効的な素材で作製されます。

    幾何学模様が特徴の底面、側面などの造形にはシリコンも使用します。


    完成は年内予定です。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2



    今回の2号分でリアのダンパーユニットを作製します。

    正直なところでは、こんなの1号分で組ませて・・・と思いますが、

    まあ、それがデアゴ商法なので仕方ありません。


    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    所々は金属パーツが使用されています。

    こういうメカニカルな部分を作ってるとテンション上がります。

    でも、結構細かい作業で、目がショボショボして辛かった。

    しかし、展示する際はカウルに隠れて全く見えないのが現実・・・・



    フロント部分を除いて、現在のシャシー&リアユニットの状況です。

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8



    次号からは、モノコックを作製します。

    0 0

    イメージ 1
     
     
    正義か悪か! 謎の怪人「アンドロ星人」

    ・・・どう見ても正義じゃないような。
     
    イメージ 2

    以前紹介した「ミスターX」のライバルとして送り出されたアイテム。
     
    当時は単純明快に「正義」と「悪」を区別していました。
     
    変身サイボーグでもそうでしたね。
     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
     
    残念ながら、ミスターXと比べると箱の状態がかなり時代を感じさせる破損具合ですが、
     
    本体の状態の良さはかなりのものだと思います。
     
    ただ・・・ミスターXに比べ、インパクトがあまりに無い・・・・。
     
    ただ緑色のバケモノでも出しとけ・・・的な感じで生み出された感は否めません(泣)
     
    イメージ 5
    イメージ 6

    今回は、説明書も残っていて、
     
    そこに繰り広げられるミスターXとの怪しい肉弾戦の模様が載っています(笑)
     
    イメージ 7
     
    イメージ 8
    ↑↑↑↑↑↑
    非常に怪しい体位の数々・・・・
     
     
     
    ミスターXも、このアンドロ星人も、非常にキワモノ系のオモチャで
     
    なかなかウケも良くなかったらしいですが、
     
    昭和(1970年代)を語る貴重なオモチャである事は間違いありません。
     
    当時の懐かしいCMを一緒に載せておきます。
     
     

    「ワレワレ ノ カラダ ハ ノバサレテモ モトニモドル」
     
     

    0 0
  • 07/03/11--08:29: BE INVOKED
  • イメージ 1


    バッフクラン艦隊総旗艦「バイラル・ジン」

    イデオンに登場する全高15キロメートルの巨大「工」字(笑)

    TV版に登場した時から、この巨大な「工」が好きになりました。


    イメージ 2


    アオシマのイデオンシリーズからプラモ化されてるんですが

    これをキット化したのは凄いことだと思います(笑)

    しかし、クオリティは・・・・泣きたくなるような物です。

    わずか8センチくらいしかありませんし、モールドもお粗末そのもの。

    今から数十年前のキットであり、価格も300円程度だったと思うので仕方ありません。




    イメージ 3


    映画版イデオン「発動編」の終盤で、

    亜空間でイデオンガンに下1/3を吹っ飛ばされてしまい、

    アニメ史上最大の大きさを誇る「ガンドロワ」(全幅500キロメートル)の傍らに

    デスアウトするシーンが最高に好きでした。




    イメージ 4




    この・・・チープな300円程度のプラモデルで、バイラルジンを再現できるか?????






    そんな個人の妄想を見事に叶えてくれるスキルを持ったお方がいます。





    ヤタさん、宜しくお願い致します!



    近日、ヤタさんのブログで、バイラルジンの製作記がスタートすると思います。

    ぜひ、ご覧になってみて下さい。



    0 0

    イメージ 1
     
    イメージ 2
     
    バブルヘッドナースを共演させてみました。
     
    やはり1体より、2体の方が迫力ありますし、雰囲気の違う2体のナースも
     
    良い意味で相乗効果を生み出してると思いました。
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     
     
    今回は、血管表現のある白っぽい雰囲気のナース。
     
    前回の#1のナースの生々しい肉感は無く、既に生が宿っていない感じ。

     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
    イメージ 9
     
     
    イメージ 10
     
     
    イメージ 11
     
     
    イメージ 3

    特徴の違う2体のナースですが、やはりナースは不気味さの中に
     
    エロさ加減が上手くミックスされている素晴らしいアイテムです。
     

    0 0

    イメージ 1


    海洋堂のメガソフビ「仮面ライダー2号」のソフビ版。

    旧1号に比べると、生産数が少ないせいか、なかなか探すのに苦労します。

    仮面ライダー大好き人間ですが、思い入れが強いのは、

    旧1号とこの2号までだったりします。


    イメージ 2

    イメージ 3


    今回も電飾を組み込む為、ソフビ版ですが、

    このキット、非常に2号の特徴を良く再現しているのですが、

    今回は多少の改造をお願いする予定です。

    まずは、2号特有の「エラ」加減です。

    キット状態とは若干何かが違う・・・と思いますので、思い切って改造して頂きます。

    イメージ 4


    やはり2号は力の2号と言われるだけあって、力強いポーズが格好良いですね。

    イメージ 5


    0 0
  • 07/13/11--21:19: Valtiel (from Silent Hill)
  • イメージ 1
     
     
    イメージ 2
     
    Valtiel
     
    サイレントヒルに登場する天使の名を持つクリーチャー。
     
    HEADLONG製 1/6ガレージキットの完成品をリペイントしました。
     
    リペイント前とでは、色の深みが全然良くなりました。
     
    イメージ 3
     
     
    イメージ 4
     
     
    イメージ 5
     
     
    しかし、サイレントヒルの世界観に嵌れば嵌るだけ、
     
    この世界観の素晴らしさに言葉を失う気がします。
     
    日本より海外で認められてる「サイレントヒル」の魅力も頷けます。

     
    イメージ 6

     
    イメージ 7
     
     
    イメージ 8
     
     
    このヴァルティエルですが、元々は三角頭の元になったデザインらしく
     
    そう見ると、コスチューム加減など、同HEADLONG製の三角頭の背後と
     
    酷似してる部分もあるなと思いました。
     
     
     
    サイレントヒルのアイテムも、残すところ、マネキンと三角頭の大鉈版のみになりましたが、
     
    全部で8体にも膨れ上がってしまって、そのうちガラスケースの中で
     
    ひしめき合うことでしょう(笑)
     
     

    0 0
  • 07/15/11--08:26: BAT SIGNAL
  • イメージ 1


    0 0

    イメージ 1
     
    イメージ 2


    前回、紹介したトイナミのバットモービルと

    同じシリーズの「バットウィング」です。

    正直、これは当初は購入する予定がなかったのですが、

    欲しいと思い出したときはバックオーダー扱いになってました。

    ebayでは、送料を考えると、ちょっと手が出せない価格になるので、

    半ば諦めてたのですが、コレクター仲間から、オファーを頂き、

    開封確認済みの状態で、定価の2/3でお譲り頂きました。

     
    イメージ 3
     
    イメージ 4
     
    イメージ 5
     
    イメージ 6
     

    バットモービル同様に、かなり大きなアイテムで、両翼で70センチあります。




    モービルと同じく、コックピット内は発光ギミックで点灯します。

    イメージ 7
     
    イメージ 8
     
    イメージ 9
     



    そのほか、翼の部分、本体下部に発光部分が存在します。

    実際に、点灯させると、台座部分のバットマンのマークを

    2つの明かりのスポットが照らします。

    イメージ 10
     
    イメージ 11
     




    おそらく、シネマケットのベイダーの次は、

    キートン版バットマンと予想するので、

    このバットウイングはどうしても揃えたかったアイテムでした。

    イメージ 12





    コレクター仲間のRafael氏は既に数ヶ月前に搭乗済み(笑)

    やはり良い顔してますね~。
    イメージ 13


    0 0

     
     

     
    冒頭の尺八の音色が渋い!
     
     
    このCM、自分が小学生の頃からオンエアされてます。
     
    もう40年近く前からやってるCMで、内容も変わっていません(笑)
     
    当時で、この年齢なので、この職人おじいちゃんが今も存命かはわかりませんが、
     
    荘厳な中に職人の厳しさを感じる素晴らしいCMだと思います。

    「大事にしてもらいなよ」と満足気な顔で終わるCMですが、
     
    自分もコレクションを大切にしなきゃな~って思った次第です。
     

    0 0
  • 07/20/11--22:24: 劇場版ガンダム
  • イメージ 1



    当時、中学2年生、ガンダムが映画化された。

    当初はツギハギ映画で10時間程度の作品予定だったらしいのだが

    さすがに10時間の上映時間はナンセンスとなり、3部作となりました。


    イメージ 2

    パート1は徹夜で劇場前に並んで先着30名のセル画を狙いましたが

    夜12時の時点で既に100人超してました(泣)

    今思えば、14歳で深夜並ぶ事は結構怖かったなと(笑)


    イメージ 3

    哀戦士編は自分の中では宇宙戦が無い事もあって、中だるみな作品だったかな。



    イメージ 4


    「めぐありあい宇宙」は丁度高校受験の日に封切された記憶があるのだが

    それを気分良く見に行こう!を合言葉に受験勉強を頑張りました。


    所々に入る新規描きおこしシーンが嬉しかった。

    明らかに作画が違うんですよね。

    そして、狂喜乱舞したセイラさんの入浴シーン!!!

    目にも止まらぬ速さでバスタオルを身体に巻くセイラさんに驚きつつも

    その光景を脳裏に焼き付けたものです。


    イメージ 5


    やっと劇場版ガンダムの決定版DVDを入手する事ができました。


    最低な特別版のDVDを購入してしまった自分には、その痛みが消えるまで

    5年間かかってしまった(泣)

    このメモリアルボックス、当時のパンフレットの縮小版が封入されています。

    正規のパンフレットの寸分変わらぬ縮小版には感心しました。

    当時のパンフレットを引っ張り出して比較してみたり(笑)




    イメージ 6

    主題歌も最高で、ギレンの演説から壮大なコーラスに変わり、

    そして流れる やしきたかじんの「砂の十字架」

    地球をバックに浮遊するコアファイターのラストシーンに流れる「ビギニング」

    そして、グワジンの窓に映るシャアらしき人影、最大船速で離れていくグワジン・・・・

    そういうシーンのひとつひとつが心に刻まれてる映画。

    自分にとってはまさに青春そのものだったと思う。



    イメージ 7


    「死を重ねる事が人の歴史なのか」
    「モビルスーツの疾駆する戦場に、若者達の痛みが走る」
    「君は生きのびる事ができるか」

    公開当時のTVCF 15秒verは記憶に強く残っています。

    0 0




    子供の頃に毎週見てた「世界名作劇場」



    その中でも1番好きだったのは1980年に放送された「トムソーヤの冒険」でした。

    時代的に、中学1年生だったかな。



    ED曲の「ぼくのミシシッピ」は大好きな曲で、i-Podにも入っています。


    この曲を歌ってたのは当時中学3年生だった「日下まろん」さんで、

    何とも甘そうな名前だったので、ずっと覚えていました。

    彼女の中学3年とは思えない歌唱力にも魅了されたのだと思う。





    イメージ 1


    イメージ 2



    その3年前に放送された「あらいぐまラスカル」も好きでした。

    ラスカルが可愛くて、あらいぐまを飼いたいって思った人も多かった筈です。

    途中で、とうもろこし畑を荒らしまくり、ぶくぶく太ってしまうエピソードが

    とても好きでした。





    イメージ 3



    「まんが日本昔ばなし」と「世界名作劇場」は、今の子供らに

    ぜひとも見させたいアニメ番組だったりします。

    0 0

    イメージ 1


    上記5号分のパーツでモノコックの一部を作製します。

    ただ、あちらこちらと逃げまくり、全くブロックごとの完成にもなりません(泣)

    実際に、後の号の為の保管パーツばかり増えていく始末。


    イメージ 2

    モノコックの一部ですが、まだシートもハンドルもありません。

    枠組みだけって感じですね・・・・



    イメージ 3

    リアのショック付近、新しいデカールを購入し、少し貼っています。

    欲しかったのは、ここのデカールではなく、リアウィングの「ジョニー・ウォーカー」です。

    まあ、一緒に付いてたので貼ったれと(笑)


    イメージ 4






    今回で全体の長さが把握できました。

    大きいです・・・・おそらく70センチ程度あるのではないかと。

    次回からは、ラジエター付近だと・・・思う。

    イメージ 5

    イメージ 6


    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3


    芸術的な造形のようにも見える「マネキン」

    接合部の質感の違いと、所々、汚れたマネキン本体が不気味です。

    サイレントヒルのゲームでは、もう少し丸みを帯びた造形で、

    ここまで生々しくはなかったと記憶しています。


    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8


    なかなか目にする事の無かったアイテムですが

    素晴らしい作例を提供できたと思っています。

    このアイテムも他のサイレントなアイテムと同じで、見事な相乗効果を期待できます。

    0 0

    イメージ 1


    海洋堂の絶版ソフビキット「キカイダー」のメガソフビです。

    どうしても、頭部の電飾を施したくて、レジンキット版ではないソフビ版を

    待望していたのですが、絶版で非常に人気が高い事もあり、

    オクでもあまり出てこず、出ても結構高値でした。



    先日、同じく人気の「ハカイダー」と「キカイダー」の両メガソフビのソフビ版が

    セットで出品され、即、入手しました。

    イメージ 2

    イメージ 3



    レジン版では頭部発光がほぼ不可能なので、

    先に電飾を施してるハカイダーとマッチしない?

    と思ってたので、今回のソフビ版の入手は嬉しい出来事でした。

    これでハカイダーの宿敵を迎え入れる事ができます。

    イメージ 4



    キカイダーは仮面ライダーと同じくらい自分には思い入れのあるヒーローでした。

    キカイダーほど「不完全なヒーロー」はいなかっただろうと。



    先日の仮面ライダー旧1号と作製中の2号と合わせて、

    2大ヒーローが揃うのは嬉しい次第です。


    捻りの利いたキカイダーのファイティングポーズを再現してる所が素晴らしいです。

    キカイダーのアイテムの中では抜群の造形だと思っています。

    イメージ 5


older | 1 | .... | 7 | 8 | (Page 9) | 10 | 11 | .... | 54 | newer