Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

2016年~2018年末までは250枚を超える「中森明菜」をはじめとする、 「松田聖子」「菊池桃子」「南野陽子」「斉藤由貴」「山口百恵」 などのポスターをメインにアーカイブしていきます。
    0 0

    イメージ 1


    1987年にリリースされた8枚目のシングル曲

    「パンドラの恋人」

    その店頭告知非売品A1サイズポスター。


    イメージ 2



    自分が結構聴いていたのは、

    スケバン刑事の頃からなので、

    「さよならのめまい」「悲しみモニュメント」「風のマドリガル」

    「接近(アプローチ)」「楽園のDoor」あたりの頃です。



    イメージ 3


    パンドラの恋人はあまり印象に無い?(笑)



    イメージ 4


    南野陽子がオリコンで1位を連発していたのは

    上記の曲の後から2年間なんですよね。



    南野陽子ポスター
    「パンドラの恋人」
    C/W ひとりっきりの夏は
    1987/7/1発売 199.000枚



    0 0

    イメージ 1



    このポスターはポニーキャニオンが出した販促用のポスターで、

    何かの告知ポスターという訳ではありませんが、

    少し1985年リリースのセカンド・シングル「白い炎」の告知に雰囲気が似てます。


    イメージ 2


    残念ながら「白い炎」の告知ポスターは、

    存在してるの?と思えるくらい見かけません(泣)


    イメージ 3



    斎藤由貴「白い炎」

    菊池桃子「もう逢えないかもしれない」

    上記2点の告知ポスターの入手が目標です。



    イメージ 4



    いろいろと世間を騒がせてきた斉藤由貴ですが

    この頃は清純さが売りで、自分も大好きなアイドルでした。





    斉藤由貴ポスター

    0 0
  • 04/03/18--08:27: 不協和音 / 欅坂46
  • イメージ 1



    1年前の2017年 4月5日にリリースされた欅坂46の

    4枚目シングル「不協和音」

    そのメンバー全員の直筆サイン入りB2告知ポスター。


    イメージ 2


    以前紹介した「サイレントマジョリティー」「二人セゾン」と同じ

    抽選で100名に贈られたレアなポスターです。


    イメージ 3



    不協和音、本当に激しいダンスが話題になりました。

    この曲からファンになった人も多いみたいですね。


    イメージ 4



    売上枚数も去年の夏くらいで既に80万枚突破していました。

    ただ、熱烈なファンが一人でかなり多くの枚数を買っている事実もあり

    また、握手券やら、CDの内容の差別化で

    常時5種類くらいのバージョンを同時発売してる事もあり

    単純に他のアーティストの売上とは比較できない部分もあります。


    イメージ 5



    自分は欅坂46というグループも、彼女らが歌う曲も、パフォーマンスも大好きですが

    このCD販売形態は釈然としない部分があります。


    イメージ 6





    同封されていた「けやき坂46(ひらがな欅)」メンバー全員直筆サイン入りポスター。

    イメージ 7







    イメージ 8




    欅坂46ポスター
    不協和音 メンバー全員直筆サイン入りポスター
    2017/4/5発売 800.000枚↑


    0 0
  • 04/06/18--08:04: Eyes of the Queen
  • イメージ 1


    コート・オブ・ザ・デッド シリーズの15体目が予約開始されました。


    約2年前にリリースされたGallevarbe:Death’s Sirenの新造形で

    「Gallevarbe:Eyes of the Queen」となります。


    イメージ 2


    イメージ 3



    新造形として発表された3体の最後の1体になります。

    個人的には、短期間でのこういう商法には納得いかない部分があります。


    イメージ 4


    今回のGallevarbeは前回とは大きく印象が変わっています。



    イメージ 5


    イメージ 6



    このシリーズ、これで15体目になりますが、

    これから発表されてるのがあと5体あるので・・・まだまだかかりそうです。

    今後もキャラクターがどんどん増えてくると思うので

    ディスプレイスタイルを変えないとガラスケース内には入りきりません。





    0 0

    イメージ 1


    1985年に武道館で行われた「DOMESTIC-TOUR'85」の

    B2サイズポスター。



    イメージ 2


    右下のサインは直筆ではなく、印刷によるものです。




    イメージ 3


    デザイン的に、写真は同年に発売された写真集

    「It's Real Fresh 1000%」

    カバー写真の流用と思いきや、

    よく見ると口元が隠れていないので別カットのようです。



    イメージ 4


    1985年に行われたこの日本武道館でのコンサートは、

    武道館においては当時の時点で最年少公演記録となり、

    ビートルズの公演の観客動員数を抜き(二万二千人超)、

    九段下駅から日本武道館へと長い行列が出来、話題になった。

    入場できなかった観客も一万人超とされ伝説となっている。(wikiより)


    イメージ 5


    当時は自分の周りにも熱狂的なファンがたくさんいましたが

    やはり菊池桃子は本当に可愛かったんだろうなと思います。




    菊池桃子ポスター
    MOMOKO DOMESTIC TOUR'85





    0 0
  • 04/11/18--17:36: 明菜のひみつカード
  • イメージ 1


    当時、中森明菜がCMキャラをしていたパイオニアの

    システムコンポを購入したら貰えたカード電卓。


    イメージ 2



    今から30年くらい前のプライズ品ですが

    太陽電池なので今でも電卓として機能しています。


    イメージ 3



    珍しい外箱と取説付き

    イメージ 4


    イメージ 5






    パイオニアのCMの終わりにキャンペーンが3秒程度カットインされていました。

    イメージ 6


    CMを見るからには、期間は1か月だったようですね。

    何人の人がプレゼントされたんだろう。。。。







    0 0
  • 04/14/18--08:07: 1/350 TRIPOD'S ATTACK
  • イメージ 1


    ペガサスホビーから先日リリースされた「宇宙戦争」からのモデルキット


    数年前、同社から1/144スケールのトライポッドもリリースされています。

    今回はトライポッド2体と壊れたビルを含むジオラマテイストのキットになっています。


    イメージ 2


    イメージ 3




    自分はトライポッドでは、1/100の物を所有しています。

    イメージ 4


    イメージ 5






    大きさ的には、トライポッド自体では、


    イメージ 6


    1/100で約60cm
    1/144で約38cm
    1/350で約16cm

    くらいですね。





    この1/350のキットですが、

    トライポッドアタックと題されたキットなので

    街を破壊する光景のジオラマです。

    実は、物凄く小さいですが、人間も何体か付属(笑)


    イメージ 7



    これを塗り分ける技術を持つのは・・・米粒に顔を描ける人以上のスキルが必要だろう。

    果たして、この人間部分。。。必要だったのだろうか?(笑)






    0 0

    イメージ 1


    2006年頃のキリン「生茶」の販促用大型タペストリー。

    同商品のCMキャラクターとして2000年から2007年まで起用された

    松嶋菜々子(180cm×90cm)です。


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4


    イメージ 7



    前回紹介したタペストリーと同じコスチュームなので

    別デザインの物となります。



    イメージ 5


    前回の物と比較すると、松嶋菜々子が等身大より少し小さくなってますね。




    イメージ 6




    松嶋菜々子 ポスター(タペストリ)
    キリン生茶販促用
    新芽やわらか。
    濃くて甘い味。




    0 0

    イメージ 1


    1988年の7月から10月にかけて開催された全国コンサート・ツアー。

    その告知A1サイズポスター。


    イメージ 2


    スタジオアルバム「Femme Fatal」と「STOCK」を引っ提げたツアーでした。

    1989年の例の事件で区切りを付けるなら、

    最後のコンサート・ツアーであり、

    次のコンサート・ツアーはその9年後の1997年まで開催されていない。


    イメージ 3





    セットリストを確認したら、

    「スローモーション」「少女A」などの初期の曲もあったり。


    イメージ 4



    枚数が少ないのか、あまり見かけないポスターだったりします。



    中森明菜 ポスター NO.92





    0 0

    イメージ 1


    先日紹介したジェイソンに次ぐフレディ・クルーガーの1/3スケールマケット。

    1980年代のホラーアイコンの2大巨頭が驚愕のハイエンドでリリース。


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4



     “Infinity Hell,”

    というタイトルが付けられているこのマケット、

    ジェイソンと同じく、台座が本体を完全に凌駕してるアイテムです。


    イメージ 5


    イメージ 6


    足元下に見える奈落の底のような情景にただただ仰天



    イメージ 7

    炉心内部がオレンジに発光し、


    イメージ 8


    前部の「INCINERATOR」のスリットからも炉光が漏れています。

    奈落に続く穴の壁面には赤い非常灯も点滅しながら発光。


    イメージ 9


    イメージ 10


    こんな視覚効果まで狙った台座は見たことがありません。



    イメージ 11


    エルム街の悪夢は1986年 大学1年の時、新宿の新宿オデオンでオールナイトで鑑賞

    確か、夜中の1時くらいからの回で、見終わってコマ劇の前に深夜3時くらいに出ましたが

    まだ街には物凄い人がいて、東京ってすごっ!って思った瞬間。



    イメージ 12



    いろんな意味で、エルム街の悪夢には思い入れが多いです。