Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

2016年~2019年末までは250枚を超える「中森明菜」をはじめとする、 「松田聖子」「菊池桃子」「南野陽子」「斉藤由貴」「山口百恵」 などのポスターをメインにアーカイブしていきます。
    0 0
  • 06/19/18--17:03: Ada Wong & Carla Radames
  • イメージ 1


    約1年半前にリリースされたホットトイズの

    バイオハザード6版「エイダ・ウオン」


    ホットトイズの商品、たくさん所有していましたが

    現在はエイダ・ウオンの2体のみ所有しています。



    バイオハザード6には本物のエイダ・ウオンと

    エイダの遺伝子から作られた偽物の「カーラ・ラダメス」が登場します。

    以前、バイオ6版のエイダを入手した際、カーラ・ラダメス版も出して欲しいと書きました。


    イメージ 2


    中国のどこかのメーカーがカーラ・ラダメスのアウトフィットのみリリースされました。



    イメージ 3

    バイオハザード6の公式画像のエイダとカーラ

    その2体をポーズも含めて再現しました。


    イメージ 4


    イメージ 5



    イメージ 6


    エイダと偽エイダなので、顔は全く同じなのですが

    カーラのコスチュームはゲーム内でもなかなか気に入っていたので

    立体物として展示できるのは嬉しいです。







    0 0
  • 06/22/18--08:05: 白い炎 / 斉藤由貴
  • イメージ 1


    今から33年前の1985年にリリースされた

    斉藤由貴の2枚目のシングル曲「白い炎」

    その店頭告知非売品A1サイズポスター。



    イメージ 2


    待つ事数年・・・やっと入手が叶いました。




    イメージ 3


    スケバン刑事のEDテーマ曲として約1年間使用された同曲、

    作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二なんですよね。

    自分もこの曲がいまだに大好きだったりします。


    イメージ 4


    数年前、ituneで「白い炎」のシングルをダウンロードしたのですが

    「あれ?何か違和感・・・」と咄嗟に思いました。

    昔のアイドルが最近になって歌い直したバージョンとかでなく、

    当時のままなんだけど・・・何か違う???


    ネットで調べてみるとあっさり解決。


    どうでもいい話題なんですが、

    「白い炎」にはシングルバージョンとアルバムバージョンが存在する。

    スケバン刑事で聴きなれたED曲は「アルバムバージョン」みたいで、

    自分が当時所有してた「白い炎」のレコードはアルバム「AXIA」に収録されていた

    「アルバムバージョン」でした。

    初めて「シングルバージョン」を聴いた事でわかったのですが

    シングルとアルバムでは、ヴォーカル・テイクが違い、

    バックコーラスがアルバム・ヴァージョンではサビ部分全体に入っています。

    何気ない変更ですが、聴き比べると結構雰囲気が変わります(笑)






    この動画は「スケバン刑事」のエンディングなのですが、

    動画の56秒から1分15秒までのシーンに映る

    1985年公開の映画「ルー・サロメ 善悪の彼岸」の宣伝壁画の

    ロケーションは現在のどこだったのでしょうか?

    前後からして、原宿とか表参道あたりだとは思うのですが。。。。

    ご存知の方がいましたら教えて頂けると助かります。






    斉藤由貴ポスター
    白い炎
    フジテレビ系ドラマ「スケバン刑事」主題歌
    C/W 石鹸色の夏
    1985/5/21発売  199.000枚




    0 0

    イメージ 1


    1986年の7月にリリースされた4枚目のシングル曲

    「風のマドリガル」

    その店頭告知非売品A1サイズポスター。


    イメージ 2



    彼女自身が出演する『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』の

    第33話~最終話までのエンディング曲でもありました。



    イメージ 3


    シングルレコードのジャケットと同じデザインの告知ポスターが殆どな中、

    この「風のマドリガル」の告知ポスターはシングルジャケットとは

    デザインが全く異なっていました。
     


    ↓シングルジャケット
    イメージ 4


    イメージ 5




    南野陽子の曲ではこの「風のマドリガル」が1番好きでした。
     
    湯川れい子の書く詩が壮大でとても美しいです。

    ポスターでは「接近<アプローチ>」が1番お気に入りでしたが(笑)

    そんな「好き」な2枚のポスターを手元に置けて嬉しいです。


    イメージ 6






    南野陽子ポスター
    風のマドリガル <スケバン刑事Ⅱ>主題歌
    C/W ヒロインの伝説
    1986/7/21発売  107.000枚




    0 0

    イメージ 1



    入手した際は、ポスター上部分にかなり目立つ「皺、折れ、破れ」がありました。


    イメージ 2



    素人考えで・・・あて布してアイロンで延ばすか?と脳裏によぎりましたが

    過去にその手法で見事に台無しになったポスターもあります。



    イメージ 3



    自分にとっては大変思い入れの強い貴重な1枚なので、

    今回はプロの職人さんのお力をお借りしました。


    イメージ 4



    原本維持を第一に考えての「現状より良い見栄えにする」修復になるので、

    物理的に破損してる部分の完全修復は不可能です。


    デジタルな世界で考えれば、デジタルデータ上の画像修正とか可能なのでしょうが

    相手にするのは「実際に触れる紙という媒体」

    ポスターをコレクションする者にとっては、パソコン上でのみ閲覧できる

    無傷なポスター画像より、傷入りでも手に取ってそれを実感できる事が大切です。


    イメージ 5



    約33年前に、レコード店での宣伝貼付にのみ配布された告知ポスターの

    現存率は恐ろしく低い筈です。

    その中で良い状態で残ってる物はさらに厳しい確率になります。

    自分はこのポスターを数年間探していました。


    イメージ 6



    市場に数が出回ってる状態なら、

    なるべく良いコンディションの物を選択できるのですが

    大袈裟かもしれませんが、今後この1枚を最後に出回る事が無い・・・

    という事もあります。



    そういう考えを基にこの1枚を見れば、ピン跡無し、

    大きな破れや欠損無し、退色無しという状態は

    自分の中では「優」なコンディションでした。


    新品には決して戻りませんが、現状の保存と若干の状態回復を目指し

    表装具師さんの門を叩きました。


    0 0

    イメージ 1


    さらば宇宙戦艦ヤマトの1番見せどころシーンは

    やはりアンドロメダ率いる地球防衛軍艦隊と白色彗星の土星決戦でしょう。


    先日、劇場公開され、いつもはDVDレンタルで見ていたのですが、

    煉獄編だけはレンタルまで待てず、映画館に足を運びました。


    公開開始から1か月経過したので、土星決戦シーンをレビューします。

    「画像が多いです、またネタバレを含んでるので、未見の人は注意して下さい。」



    イメージ 2


    その前に、さらば宇宙戦艦ヤマトと言えば、「テレサ」です(笑)

    今から40年前の1978年劇場公開時のテレサのイメージショット。




    このエンディングを見ると、当時を思い出します。

    1978年 当時まだ11歳ですが、土曜日の夜7時から7時30分まで放映されてました。

    翌日が日曜日で休みだったので余計に楽しい時間帯でした。



    イメージ 3


    2018年のヤマト2202のテレサ

    正直、40年前の方が色気があって好きかも。





    イメージ 4

    「ガトランティス 相転移次元跳躍」(ワープの事でしょう)サーベラが叫ぶ


    イメージ 5

    バルゼー艦隊の後方にワープアウトする白色彗星



    イメージ 6

    土星決戦の幕開け



    イメージ 7

    今回は・・・アンドロメダ級が5隻という反則レベル



    イメージ 8

    さらに、無数の地球艦隊が後方に次々とワープアウト



    イメージ 9

    密集隊



    イメージ 10

    アンドロメダ5隻を中心に陣形



    イメージ 11

    これで一部しか映っていません(笑)



    イメージ 12

    波動砲にエネルギー充填



    イメージ 13

    光りはじめました



    イメージ 14

    いよいよ発射寸前



    イメージ 15

    発射



    イメージ 16

    拡散波動砲ではなく「収束波動砲」で彗星の核を撃ちます



    イメージ 17

    彗星の正体が・・・・あれ?都市帝国でなく、普通の惑星???



    イメージ 18

    何だか・・・惑星たくさん出てきたし、手前には超絶巨大な人口建造物??



    イメージ 19

    無数の大戦艦



    イメージ 20

    正体を現した彗星都市帝国・・・・土星より大きいのは本当にやり過ぎ設定



    イメージ 21

    天守閣は・・・まさにアレそのまま(笑)



    イメージ 22

    土星を破壊しながらやって来ます。



    イメージ 23

    対峙するアンドロメダ&地球艦隊



    イメージ 24

    彗星都市帝国が変なモードを発動



    イメージ 25

    変なモードを確認もせず、今度は拡散波動砲発射



    イメージ 26

    全く効き目無し・・・



    イメージ 27

    変な重力兵器?で地球艦隊が吸い寄せられます



    イメージ 28

    まるで右往左往する蟻の大群に巨大ミサイルで追い打ち



    イメージ 29

    アンドロメダも非常にやばい状態



    イメージ 30

    旗艦のアンドロメダが拡散波動砲口に致命的なダメージを喰らう



    イメージ 31

    このシーン、本当に胸が締め付けられます



    イメージ 32

    離脱を試みるアンドロメダとアンドロメダ級3番艦アポロノーム



    イメージ 33

    アポロノームはアンドロメダを押し出し、そのあと爆散



    イメージ 34

    残りのアンドロメダ4隻は無事に反転離脱し、敗走



    イメージ 35

    地球艦隊の敗走後、ヤマトは単独で「トランジット波動砲」による攻撃を試みますが

    発射できず、そのまま都市帝国に引き寄せられていきます




    イメージ 36

    次章「回生編」では、ガミラス艦隊と地球艦隊がガトランティスに挑みます。。



    イメージ 37

    ??ヤマトのようでヤマトでない戦艦を確認できます。



    イメージ 38

    波動砲口に「銀河」。。。銀河という名前なんだろうけど、少しダサい



    イメージ 39

    館長はこの方になります(笑)マリュー・ラミアスかと思った(笑)



    何故、地球があれだけの大艦隊を短時間で構築できたのか、

    「時間断層」というギミックが関係しているあたりが面白い発想でした。



    第六章「回生編」は11月に劇場公開

    イメージ 40






    0 0

    イメージ 1


    依頼させて頂いたのは愛知県にある表装具師さまです。


    裏打ちとは、ポスターの裏面に薄い和紙を貼り、ポスターの補強、皺を伸ばす事です。


    現物を送付して折り返し頂いた回答は、

    ポスターの紙質が厚いので、皺を完全に延ばす事は不可能であり、

    折れや皺によってインクの剥がれ落ちた個所の修復も不可能ということ。


    以前、他の業者にポスターの皺伸ばしとして裏打ちを依頼した事があります。

    そこはコピーするかのように機械にセットして自動で裏打ちをするだけでした。

    ゆえに・・・ポスターはシャキッとしますが、皺部分に関しては機械任せなこともあり

    満足できる仕上がりではありませんでした。


    今回は、単なる機械的な「裏打ち」ではなく、職人さんの手仕事です。


    イメージ 2

    まず、表面から筆で水分を加えながらヘラとローラーで各箇所皺を伸ばします。


    イメージ 3


    イメージ 4


    こうする事で単に裏打ちするより皺が目立たなくなります。

    イメージ 5






    次は、裏打ち作業ですが、ここからはポスターを完全に濡らすという作業で

    素人からすると紙を濡らすという事に恐怖します(笑)

    イメージ 6



    イメージ 7




    ポスター全体に水分を与え、裏面には和紙を貼る為に水糊を刷毛で塗っています。

    イメージ 8


    イメージ 9


    イメージ 10






    仕上がった状態はこうなります。

    イメージ 11

    ここで完全に乾くまで数日置いておきます。




    イメージ 12



    乾いたら、表面の和紙を剥がし、皺や折れによってインクの剥がれた個所に

    色差しという工程を加えていきます。


    イメージ 13


    イメージ 14


    ポスターの表面が見事に伸びきってるのがわかります。





    イメージ 16



    完成した状態になりますが、

    皺によって目立っていた髪部分の色剥げは目立たなくなりました。

    イメージ 15



    ポスター全体の皺も伸び、依頼前と比較すると天と地の差になっています。


    ↓依頼前

    イメージ 17






    綺麗に梱包され、手元に無事に戻って来ました。

    イメージ 18


    思い入れの深い1枚を見事に修復して頂き

    心から感謝しております。










    0 0
  • 07/07/18--08:31: Perfect Crime / 倉木麻衣
  • イメージ 1


    2001年にリリースされたセカンドアルバム

    「Perfect Crime」

    その店頭告知非売品B1サイズポスター。


    このポスターも前回の「delicious way」同様、

    珍しいB1サイズです。


    イメージ 3



    ファーストアルバムから約1年経ってのニューアルバムでしたが

    この頃の楽曲はしっかりR&Bしてましたね。

    最近は路線がまるっきりPOPになってしまっていますが。


    イメージ 2


    ちなみに、リリース日が自分の誕生日という事もあり(笑)

    その日付が入ってるゆえ、お気に入りの1枚。




    倉木麻衣ポスター
    Perfect Crime
    2001/7/4発売 1,320,000枚


    0 0
  • 07/10/18--08:17: SONY Betaplus / 松田聖子
  • イメージ 1


    1984年のソニー「ベータプラス」の企業広告非売品B2ポスター。


    ソニーがベータ方式に邁進していた頃の機種になります。

    性能はベータの方が良かったと思うのですが、タイミングが悪かった?


    イメージ 2



    イメージ 3


    ローンチでVHSに出遅れた感があり、当時のトップアイドルの松田聖子を起用し

    CMでは「将来性のあるタイプ、好きです。」とセリフあり。

    ベータ方式の方が将来性があると印象付けてる感が見て取れます。






    こんな髪型をしてる頃があったんだなとポスターを見て思いました。

    イメージ 4





    松田聖子 ポスター
    SONY Betaplus
    「あなたのプラスになりたい。」




    0 0

    イメージ 1


    約2年かけて一部のコレクション整理をして、

    ゆったり展示しようとスペースを空けたのだけど、

    やはり空いた分、いや、それ以上のスペースが埋まってしまう(泣)


    これから1年以内にやってくるスタチュー&マケット

    イメージ 2


    イメージ 3


    ビッグチャップとドッグエイリアンのライフサイズヘッドがあるので、

    この2体は一緒に飾ろうと思います。




    イメージ 4


    イメージ 5


    台座の完成度が本体を上回る超ハイエンドな「ジェイソン」と「フレディ」

    80年代のホラー2大巨頭の揃い踏みは個人的には凄く興奮します。



    イメージ 6


    今までのどのエンドスケルトンよりも緻密でポーズもカッコいいT800エンド



    次で12体目となるコート・オブ・ザ・デッドシリーズも

    1年以内にこの5体がリリース予定


    <8月初旬>
    イメージ 7


    <8月初旬>
    イメージ 8


    <9-10月>
    イメージ 9


    <12月-2月>
    イメージ 10



    <2月-4月>
    イメージ 11


    少し「やってしまった感」が満載だけど、

    日々働くモチベーションや楽しみもあるので自分は大満足です。





    0 0

    イメージ 1


    おそらく1987年あたり?の日立マクセルの企業広告A1ポスター。

    松田聖子のmaxell関連の物はテレカは結構見る機会がありますが

    ポスターは本当に見かける事が少なく希少性があります。


    イメージ 2


    松田聖子と中森明菜のポスターに関しては告知や企業物は

    かなり人気が高い傾向があります。


    立体物と違い、ポスターのような紙物は保管状態に大きく左右され

    経年劣化でシミやカビなども発生します。

    今の時代は将来の「お宝化」を考え、綺麗に保管する事が普通になっていますが

    今から30年以上前はポスターは壁に貼る事が当たり前で、

    画鋲を刺した跡やセロテープで留めてた跡などある物が殆どです。

    また皺や折れなどが酷い物も多々あります。


    イメージ 3



    自分の所有する約230枚のポスターも中には、

    状態があまり良くない物が数枚ありますが

    殆どのポスターは30年以上の時の経過を感じさせないくらい状態が良いです。

    約半数のポスターは新品同様で「奇跡」の状態です。

    今後も現在の状態をなるべく保っていきたいなと思っています。



    松田聖子 ポスター
    日立マクセル