Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

2016年~2019年末までは300枚を超える「中森明菜」をはじめとする、 「松田聖子」「菊池桃子」「南野陽子」「斉藤由貴」「山口百恵」 などのポスターをメインにアーカイブしていきます。

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 54 | newer

    0 0
  • 07/08/13--07:47: 四天王立像
  • イメージ 1


    東大寺・戒壇院にある国宝 四天王像をゴジラなどの造形物でも有名な

    M-ARTSが細密現存仕様として立体化したものです。

    先の仁王像と合わせて、コレクションルームの守護神として陣取っています(笑)


    最近はこの四天王もリボルテックでアレンジされて出てますが、

    戒壇院の現存仕様に自分は惹かれます。


    どの像も守護神であり、内面に怒りを秘めた表情に強さを感じます。

    そして、像の足元で踏みつけられ脅えている邪鬼の表情も、

    それぞれ面白いです。


    イメージ 2



    秋に、再度京都奈良へ行く事ができたら、その時は、この四天王立像を

    この目で見て来たいと思っています。


    0 0

    イメージ 1
    一時期、劇場に足を運ぶ回数が激減した時期がありましたが、

    最近は年間で10本くらい見れるようになりました。

    やはり映画館で見る映画は最高ですよね。


    先週、「真夏の方程式」を息子と見に行って来ましたが、TVドラマの拡大版のような

    そんな映画を見に行く事は一切無かったので、少し不安感がありましたが、

    自分の中では、ここ数年で見た作品の中でも3本の指に入るくらい面白かった、と言うか、

    何となく「夏」に見ると素敵な作品だなって満足できました。






    今月から秋にかけて、大変興味をそそる作品がたくさん公開されます。

    下に挙げた7作品は全部見に行きたいなと今から気張ってます(笑)


    イメージ 2


    映画館で好きな映画を見る約2時間・・・本当に幸せに思える素敵な時間です。





    0 0

    イメージ 1


    自分にとっての初めての新車。

    三男だったので、それまでは自転車も全て兄達のお下がりでした。


    まさに、この広告に惹かれ、この自転車を選んだ事を覚えています。

    当時は、少年サンデー、少年マガジンの裏表紙に、自転車の広告が多かったんですよ。

    この広告を見て、「デジタルメモリー」に心を奪われたのですが、

    当時、12.13歳の自分の考えること・・・このイラストのようにシフトの表示が

    空中に浮かび上がると思ってました(泣)

    実際は、赤いデジタル数字が表示されるだけ(笑)

    しかし、当時、1980年、デジタル数字でさえも、近未来を彷彿させる要素でした。


    イメージ 2


    スーパーダイオードテールは早々に点灯しなくなったのを覚えてます。。。。



    イメージ 3


    標準現金販売価格という言い回しが何となく昭和な雰囲気丸出しですが、

    驚くのは車体価格の47800円(爆)

    約33年前の47800円は今で言うと10万を軽く超す価値なのではないでしょうか?

    こんな高い自転車に乗ってたなんて・・・・当時は全く考えもしませんでした。




    イメージ 4


    この広告は1980年の少年サンデー5.6合併号のものです。

    今から33年前のものですが、改めて中身を眺めてみて、

    使用されてる紙、インクの質の悪さ?みたいなものを感じます。

    正直、フォントは滲み、紙面は透けて、とにかく読みずらい・・・・

    しかし、きっとそれは今の綺麗なフォント、紙面に慣れてしまってるからなのかな。

    当時は、これが当たり前だったんでしょうね(笑)


    イメージ 5


    この号の巻頭カラーは「まことちゃん」でした。

    お正月明けの号なので、お年玉を預金するエピソードなのですが、

    埼玉県越谷市大沢という地名があからさまに出てくるので、ちょっと調べてみると

    本当にある地名なんですね。

    そう言えば、他のエピソードでは、船橋ヘルスセンターが出てきたり、

    何となく時代、時の流れを感じる要素も今ではありますね。。。。。。

    まことちゃんは初期の頃が最高に面白かったと記憶しています。




    0 0

    イメージ 1


    今から約40年前、まだ小学生だった頃に、父が買って来た「宇宙戦艦ヤマト」のコミック。

    初版の日付が昭和49年だから、TV版アニメのコミカライズだと思います。


    久しぶりに読んでみると・・・・

    当時7歳くらいだった頃の事も思い出され、少し懐かしかったです。


    あれから40年・・・・こんな親父になっても、今は最新の「宇宙戦艦ヤマト2199」を

    息子と夢中になってる自分が少し微笑ましい?(笑)



    イメージ 2


    先日、見た2199のデスラー(偽)総統暗殺シーンですが、

    このコミックの中でも描かれています。

    コミック版では、電気イスに座って絶命するのですが、その焦げたデスラーの描写が

    子供心にインパクトあって、今でもはっきり覚えてました(笑)



    この朝日ソノラマのコミック版ですが、

    TV版しか知らない人からしたら、仰天設定がいくつかあります(爆)

    沖田艦長がイスカンダルに到着する前に亡くなり、ささっと宇宙葬されてしまったり。。。。

    イメージ 3





    何故かキャプテンハーロックが登場し、そのハーロックがあっけなくデスラーを仕留めたり。。。。

    そして、大仰天だったのは、キャプテン・ハーロックの正体が古代の兄「古代 守」だったり(爆)

    イメージ 4



    ツッコミ要素満載なコミックですが、自分には懐かしい1冊だったりします。



    0 0
  • 07/24/13--03:20: 楽しみが少し延期
  • イメージ 1


    今か今かと楽しみにしてたセリーナだったのですが、

    早期予約にもかかわらず、二次出荷になってしまいました(泣)

    まあ、いずれ入手できるので、ワクワク感が余分に体験できると思って

    ゆっくりまったりと待ちたいと思います。


    展示する際は、やはり、このポーズが自分は1番しっくりくるような気がします。

    8月はエイダ・ウオンも来る予定?なので、赤と黒で楽しめそうです(笑)





    0 0

    イメージ 1


    Gecco社のサイレントヒルシリーズから伊藤暢達Verのナース

    ほとんど前回リリースされたノーマル版のナースと造形は同じですね(笑)

    ただ、赤いガーターストッキングがあるだけで、凄くパワフルになったなと。


    イメージ 2


    イメージ 7


    イメージ 8


    イメージ 9



    ヘッドもアレンジが加えられてて、かなり不気味さが増したように思います。

    サイレントヒルシリーズは、一昔前までは、高難度なガレージキットに

    頼らざるえなかったのですが、トリムスジャパンが完成品をリリースし、

    Gecco社がマスプロとは思えない品質の商品をリリースしだしてから、

    すごく身近に収集できるシリーズになったなと感じます。


    イメージ 10


    イメージ 11


    イメージ 12


    イメージ 3


    イメージ 4


    今回の伊藤暢達Verのナースも、ファンには大満足できる一品だと思います。


    イメージ 5


    イメージ 6






    0 0
  • 08/02/13--16:59: フィンガーポップス
  • イメージ 1


    記憶が確かなら、小学4~5年生あたり(昭和52年あたり?)に流行したおもちゃ。

    当時はTVで毎週ルパンをオンエアしてた事もあり、

    このフィンガーポップスもTVCMしてましたね。


    何故ルパンなの?という疑問は数十年しても晴れませんが、

    こういう何気ない廃材でも夢中になって遊べてた時代でした。


    イメージ 2


    発売元はツクダオリジナル、ここはオセロゲームで有名ですが、

    自分にとっては、「スライム」だったり「ミスターX」だったりします(笑)

    現在は、「メガハウス」に吸収されてたんですね。。。。。。



    最近、酷暑なので、「スライム カエル入り」が妙に欲しかったり(爆)


    0 0
  • 08/07/13--15:26: Fantastic voyage
  • イメージ 1


    邦題「ミクロの決死圏」

    自分が子供の頃は、日曜洋画劇場あたりで、年に1度はオンエアしてたような。。。

    最近は全くオンエアされなくなった作品ですが、先日DVDを借りてみました。

    イメージ 2


    イメージ 3



    確か、「インナースペース(1987)」も同じような内容の作品でしたが、

    あれは見方によってはミクロの決死圏のコメディですね(笑)

    正直、47年前の作品とは思えないくらい今見ても「頑張ってる」作品だと思いました。

    当時にしては、体内の描写はなかなか斬新ではなかったのかな。



    イメージ 4


    この作品、もうひとつの楽しみは、何と言っても「ラクエル・ウェルチ」の美貌でしょう。

    劇中でも紅一点ですが、その華やかさは今の時代に見ても素晴らしい(笑)


    イメージ 5


    特に、船外作業中にバクテリアに付着されて船内に戻るシーンのくだりは

    何となく・・・子供心に妙にドキドキしたなあって(照)



    「ミクロの決死圏」映像的には古さを感じますが、

    最近のCG万歳な個性無い作品と比べると

    映画としての面白さは今でも一級品ではないでしょうか。


    とは言っても、今週末には、ロボット格闘とか棒倒しゾンビを見に行く予定(笑)





    0 0
  • 08/11/13--04:30: スカイ・スパイ
  • イメージ 1


    当時、この目玉がたくさん空に舞い上がって、上空から睨みをきかせてましたね。

    1970年代後半に「真上に上がる凧」として大流行した「ゲイラ・カイト」


    「ゲリラ・カイト」と覚えてる人もいたり、「エノラ・ゲイ」をイメージしてしまう、

    そんなお方もいらっしゃったと思います(笑)


    その中でも1番インパクトが強かったのが大きな目玉を持つ「スカイスパイ」

    当時、小学校1年生くらいだったと思いますが、このスカイスパイが欲しくてたまらなくて。

    両親に頼んでも無理だったので、ギリシャから戻って来てた叔母さんに直談判。

    「明日買いに行こう」とあっさり(笑)


    イメージ 2



    翌日、商店街に一緒に買いに行くも、スカイスパイはどこも売り切れ(泣)

    スカイスパイのサイズも価格も1.5倍くらいの「ファイヤー・バード」を薦められが、

    どうしてもスカイスパイのあの目玉が忘れられない・・・・・。

    散々悩んだ挙句、やはり子供には目の前の誘惑には勝てませんでした。。。。。。


    ファイヤー・バードを高く上げても、何故か心は晴れない。



    イメージ 3


    それから数日、近所の公園の電線に無残に引っかかったスカイスパイを発見(↑こんな感じ)

    「あれが手元に落ちて来ないかな」と、

    毎日、公園に出掛け、ずっと待ってた記憶があります。

    それから数日後、かなりのダメージを負った状態でしたが、

    ある通行人のおかげでスカイスパイは落下し、

    自分はそれを大切に拾って自宅に持って帰りました。

    目玉部分を切り取って、セロテープでファイヤー・バードに貼った。


    一瞬の満足は得られましたが、気分はスッキリしませんでした。

    きっとオリジナルのスカイスパイをずっと欲していたのであって、

    似非スパイでは満足できなかったんでしょうね。


    イメージ 4


    復刻版ではありますが、

    約40年の時間を越えて、自分はスカイスパイのオーナーになれたんですよ(喜)

    (ついでに、ベイビー・バットも買ってしまいました)





    「飛べぇ~~飛べぇ~天まで飛べぇ~~」



    これって「松崎しげる」が歌ってる?(爆)


    0 0
  • 08/16/13--02:13: ESCAPE FROM NEW YORK
  • イメージ 1


    ニューヨーク1997のチラシです。


    今日、「ホワイトハウスダウン」を鑑賞して来ましたが、

    8月になって見た「パシフィック・リム」「ワールドウオーZ」と共に自分にはアタリ作でした!

    内容的には「エンド・オブ・ホワイトハウス」に似てる部分が多かったのですが、

    内容の酷似する作品が続いて公開されるのは、

    「ディープインパクト」と「アルマゲドン」が同時期に公開された時の事を思い出します。



    イメージ 2


    自分が好きな映画作品の3本の中に入れるほど、大好きな作品です。


    B級作品であったにも関わらず、チラシには力が入ってます(笑)

    鎖が絡んだ自由の女神、漆黒のマンハッタンのデザインが本当に秀逸。





    確か、14歳の中2の時に見た作品だったと記憶しますが、

    お目当ての作品は同時上映の「ハウリング」でした。

    ただ、先に「ニューヨーク1997」が上映だったので、仕方なく鑑賞。

    ハウリングも最後まで見て、映画館から出て、

    「ニューヨークの方がおもろかったな」

    と、友人全員一致の感想。


    イメージ 3


    中面は、マンハッタン島のマップが詳細に書いてあり、

    所々に、主人公スネーク・プリスキンが遭遇するイベントが記載されています。



    イメージ 4


    0 0
  • 08/20/13--04:01: プクプク
  • イメージ 1



    今からだいたい40年近く前になるかな。。。。

    小学生の低学年の頃に発売された「夢のある」おやつでしたね。

    当時は、毒々しい粉末を水で溶かすと出来上がる「色だけメロンジュース」とか、

    大好きで毎日のように飲んでた記憶があります。


    イメージ 2



    そんな頃、Meijiから発売された商品が「プクプク」でした。

    粉末でなく、丸い固形を水に入れて作るジュースなのですが、

    溶けた後に、カラフルで動物とかの形をしたクッキーがプクプクって浮いてきます。

    その瞬間こそがこの商品の醍醐味でしたね。


    イメージ 3



    このプクプクには本当に何度もワクワクさせて貰いました。

    今現在、これに似た入浴剤を見ると・・・プクプクを楽しんでた頃を

    懐かしく思い出してしまいます。






    0 0

    イメージ 1



    約2ヶ月間隔の楽しみになってるヤマト2199

    今回は第19話から第22話まで収録。

    いよいよ、七色星団でドメル艦隊との最終決戦です。



    見終わっての感想は、


    ドメル渋すぎ、格好良さすぎ!!

    今回のヤマトは本当にガミラス国歌?まで作ったように、

    ガミラス側を上手に描ききってるなと。

    TVオンエアも追いついてきてるので、ブルーレイのメリットが(笑)


    イメージ 2



    いよいよ次巻で最終巻です。

    悲しい事に、最終巻のブルーレイ発売がTV放送終了後に延期されてしまいました(泣)

    TV版より早く最後まで見たい・・・

    ブルーレイ購入の動機が最終巻で見事に打ち砕かれました(泣)

    一定の期間を開けてリリースされるDVDシリーズは、

    1巻1巻増えていく度に何となく満足感が増しますね(笑)






    0 0
  • 08/24/13--03:34: SELINA KYLE
  • イメージ 1



    念願のセリーナ・カイルがやっと到着しました。

    調べてみると、予約したのが去年の8/30あたりだったので・・・・・・

    丸1年たって、やっと手元にやって来ました(笑)


    製品画像は、既にたくさん出回ってるので、今回は割愛します(笑)




    0 0

    イメージ 1



    前回から約7ヶ月、号数で30冊消化しましたが、

    進捗状況は・・・・非常にのろい(泣)

    情けなくなるような小出しパーツのオンパレードは、

    前回のMP4/23がまともに思えてくるほどです。。。。。


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4



    モノコック&フロントサスペンション関連、

    ギアボックス&エンジン関連が少しづつカタチになってきたかな。

    エンジンに関しては、まだこれからで、今で50%の密度もいってないかな。


    イメージ 5


    イメージ 6


    イメージ 7



    前回のMP4/23はいろいろカーボンデガール貼ったりしたのですが、

    実際にアクリルケースでカウル被せて展示してると一切見えません(笑)

    今回のMP4/4も完成後はケースに入れてカウルを被せて展示するので、

    今回は完全素組で完成させようと思っています。





    0 0

    イメージ 1



    ずっと欲しかったのですが、長年絶版状態だったCrow's Nest Modelsの

    1/48 Proteus号のレジンキットを入手しました。

    最近、見かけるようになったので、再販されたんでしょうね。

    先日、紹介した「ミクロの決死圏」に登場し、人体内部を航海する船です。


    イメージ 2


    スケールは1/48ですが、全長約300mmはなかなかの迫力あるキットだと思います。

    外国産のキットですが、大雑把な感じは一切無く、パーツ数もかなり多く、メタルパーツが豊富です。

    まるでプラモデルのような精度は、おそらくスキャン技術によるものなのかもしれません。

    イメージ 3


    このキットの特筆すべき点は、船体内部の内装機器類が劇中のまま再現されてます。

    個人的には、このサンプル画像の内装よりもっともっと緻密に塗分けてるのが好みですね(笑)


    イメージ 4




    0 0
  • 09/05/13--19:22: バットマン
  • イメージ 1



    新しいバットマンシリーズのブルースウエイン役を

    何と、あの「ベン・アフレック」が演じるらしい?。。。。。。。

    いろいろ賛否両論噴出気味みたいですが、

    自分も「デアデビル」が走馬灯のように駆け巡りました。


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4


    でも、ノーランのバットマンシリーズの時に「クリスチャン・ベール」と発表された時も、

    何かしっくり来なかった記憶もありますし、

    新しいバットマンシリーズも、ノーランのダークな雰囲気とは全く変わった作風になるのかも。





    0 0
  • 09/10/13--07:11: Cinemaquette Superman Retake
  • イメージ 1


    シネマケット「スーパーマン」のリテイク。

    今は亡きクリストファー・リーブですが、彼の代表作となった

    スーパーマンのマケットを所有できる喜びは格別です。


    イメージ 2


    現在公開中の「マン・オブ・スティール」はまだ未見ですが、

    このリーブ版のスーパーマンシリーズでも、ゾッド将軍と戦うスーパーマン2は

    最高の盛り上がりでしたね。

    「マン・オブ・スティール」のゾッド将軍はどんな感じなのかな。。。。


    イメージ 3


    顔の似せ方は1/6サイズのホットトイズの方が優れてるかもしれませんが

    やはり70cmオーバーなサイズに、シリコンヘッド&植毛は素晴らしいです。





    0 0
  • 09/13/13--03:58: 009 RE:CYBORG
  • イメージ 1


    先日、レンタルで借りた 「009 RE:CYBORG

    冒頭からいきなり003フランソワーズが魅せてくれます(笑)





    イメージ 2



    映画の内容は・・・・フランソワーズの魅力が大部分を占めてると個人的には思う。

    ジョーとフランソワーズのイチャイチャ物語と言っても過言ではないんだけど、

    フランソワーズの大胆なコスも登場したりで、なかなかドキドキものでした(笑)







    0 0
  • 09/20/13--04:05: プロテウス号船乗員
  • イメージ 2



    プロテウス号に乗船させる5人のクルーのメタルキットを入手しました。


    やはり、先日紹介した「プロテウス号」をより一層引き立てるには、コレしかありません(笑)



    イメージ 1

    なかなか劇中の俳優の特徴を捉えてるのが少し笑えましたし、

    ラクエル・ウェルチ嬢も確かに存在しております(爆)


    しかし、コレ・・・・塗り分けするのって至難の業ですよね。。。。。


    0 0
  • 10/05/13--04:58: Costco Wholesale
  • イメージ 1


    少し前になりますが、神戸に行った際、大好きなコストコに行ってきました(笑)

    アメリカ型のスーパーを体感できます(笑)

    1商品あたりの量がハンパないので、複数家族で一緒に行って

    「シェア」する買い方がセオリーみたいです。


    イメージ 2


    入店すると、まずはフードコートで驚愕のクオーターパウンダーのホットドッグを

    食べるのがセオリー?(爆)

    超巨大なホットドッグと飲み放題のドリンクセットで180円(爆)

    今回、欲張って具材を入れすぎて、何ともグロな感じになってしまった(泣)


    イメージ 3


    イメージ 4


    イメージ 5



    飲み物を巨大カートに置いて、飲みながらお買い物ができます。

    とにかく広大なフロアには、家電から野菜まで・・・何から何まであります。



    イメージ 6


    自分が好きなコーナーは、冷凍食品のコーナー(笑)

    こういう冷蔵ケースが数十メートル続きます。

    ドアを開けると凄まじい冷気が出てきて凍傷になりそう。。。。


    イメージ 7


    イメージ 8

    ホットケースには、チキンの丸焼きがあったり、箱に入ったピザが並びます。

    どれもこれもとにかく安い!!


    イメージ 9


    新鮮な生魚を売ってたり、試食コーナーに長蛇の列ができていたり、

    とにかくコストコは自分の五感を刺激するワクワクスポットだったりします。



    今月、第三回目のコストコ神戸を予定しています。


    そう言えば、今年の冬のワンフェスで幕張に行った際、

    メッセの近くに超巨大なコストコが建設されてました。

    あれはもう完成したのかなあ?





older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 54 | newer